消費者金融利用Map

消費者金融の利用マップって何?

当サイトは、これから消費者金融を利用してお金を借りようと考えている人にとって知っておきたい情報を配信しています。

 

消費者金融のキャッシングはとても便利なサービスですが、間違った使い方をすると後悔することにもなりかねませんからね。

 

安全に、そして、安心してキャッシングを利用するためにも、消費者金融利用マップでいろいろな豆知識を身につけてくださいね。

 

キャッシングで失敗したこと その1

 

消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りる時には、必ず審査に通らなければいけません。実際にお金を貸す側のキャッシング会社としては、審査をすることは本来当然のことですからね。

 

そうなると、審査では何を見られるのか?聞かれるのか?とても気になるところですよね。まず、申込者に返済能力がどのくらいあるのかを、キャッシング会社が判断することになります。

 

ただ、それが分かっているからこそ、いくつかの審査項目で嘘の申請をして、キャッシング審査に通ろうとする人も中にはいるようです。

 

例をあげれば、他の会社でローンをしていることを隠しておこう…、というように思った人がいました。でもそれは通らない嘘になります。

 

そういった情報は信用機関を通じて、全てキャッシング会社側に知られているからです。問題なのは、ローンをしてることではありません。

 

それを隠して嘘をついたということです。このことにより、申込者を信用出来ないとキャッシング会社が思ってしまいます。審査に通りたいがために嘘を申請することはしてはいけないことです。

 

自ら審査に落ちるためにやっているようなことになるからです。申し込みの際は、現在の状態をしっかりと申請しましょう。もちろん過去のローンについても嘘の無いようにしなければいけません。

 

キャッシングで失敗したこと その2

 

キャッシングをしてお金を借りた時に返済出来る範囲の額を借りた場合、臨時収入などが入っても、貯金をしたり欲しい物を買ったりして返済額の変更をしない人が多くいます。

 

その時はそれで良いかもしれませんが、後々考えみて気づかされることが、返せるお金があった時に返済額を増やして返済した方がトータルの返済額は減るということです。

 

キャッシングには常に金利がついてまわるため、借りている日数や金額は少ないほど良いということになります。

 

確かに臨時収入が入った時には、欲しいものを買ったり、貯金しておきたいという気持ちになるのは分からないでもありません。

 

とはいえ、お金を借りているわけですし、今何を一番優先するべきなのかを考えなければいけないのではないでしょうか。

 

そう考えた時には、やはり自分が借金していることを一番に考えるべきかもしれません。そして、臨時収入などで余裕がある時には早めに返済するということを徹底づけましょう。

 

キャッシング会社からは、それを言ってくれるわけではありません。自身で金銭管理しなければいけないということです。だらだら返済しているうちに借金が膨らんでいた...何てこともありますからね。